犬横丁@犬小屋・w・?

気まぐれなゲーム日記っぽい何か・w・ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

早速存在を忘れてたぜっ・w・;

「寒いね、もじゃりーぬ・・・」
「うん・・・」


季節は冬
もじゃりん と もじゃりーぬ が住んでる家には
雪が積もっていた

「ねぇ、もじゃりん」
「なーに?」
「雪下ろししてきて」
「・・・ぇー」

無表情 無気力
そんな気が漂っている空間

そこに来るは、一つの太陽?

「むがーっ」
も&も「!!?」
「ふたりとももっと元気だしてっ!」
「だってぇ・・・」
「さむいんだもん・・・」

再び戻る
無気力空間

「どうしたのさ、二人とも」
「さむいだけー」
「このくらい毎年いつもおなじじゃん?」
「今年はさむくかんじるのー」
「・・・はぁ、こりゃ何言っても駄目なぱたーんか」

あきれつつ台所へ向かう もじゃるる
食器棚からマグカップ三つ
テキトーに他の棚を探って戻ってきた

「はい」
「?・・・!!?」
「ココアです」
「あっ・・・ありがたやー」

変なテンションに巻き込まれないよう
少し距離をとった

「あぁ・・・しあわせだ~・・・」
「この程度で幸せって・・・」


そんな寒い日の日常は
いつものように消化されていくのであった・・・
スポンサーサイト

テーマ:こころのままに - ジャンル:その他

もじゃもじゃ劇場 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<さくら散った後・・・ | HOME | もじゃりーぬ・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。